仙台市・福島市の弁護士・法律事務所【弁護士法人リーガルプロフェッション】 (仙台弁護士会・福島県弁護士会) 交通事故問題に強い仙台・福島の弁護士法人リーガルプロフェッションにご相談ください。 相談料・着手金無料。

死亡事故の逸失利益

交通事故被害者の方が、生きていれば得られたであろう将来の所得の推計を、死亡事故の逸失利益と言います。

死亡事故の逸失利益の算出方法は以下の通りになります。

  • 死亡事故の逸失利益の算出方法

逸失利益=年収×(1-生活控除率)×(就労可能年数に対するライプニッツ係数)

 

また、死亡事故の逸失利益の算出は、被害者の職業によって算出方法が異なります。

 

①収入を証明できる場合

交通事故前年の収入(税込み)

 

②収入を証明できない人(求職者、主婦など)

賃金センサスの男女別全年齢平均賃金に基づいた額

 

③無職者(幼児、18歳未満の学生、高齢者など)

賃金センサスの男女別全年齢平均賃金に基づいた額

尚、就労可能年数に対するライプニッツ係数(または新ホフマン係数)は、原則として、67歳までを就労可能年数としています。※開業医・弁護士については70歳までとされる場合もあります。

※およそ55歳以上の高齢者(主婦を含む)については67歳までの年数と平均余命の2分の1のいずれか長期の方を使用します。

まずはお気軽にご相談ください!

>>お問い合わせはこちら