仙台市・福島市の弁護士・法律事務所【弁護士法人リーガルプロフェッション】 (仙台弁護士会・福島県弁護士会) 交通事故問題に強い仙台・福島の弁護士法人リーガルプロフェッションにご相談ください。 相談料・着手金無料。

後遺障害診断書作成に非協力的な医師に対して協力を依頼のうえ,後遺障害認定申請を行った結果,14級が認定され約354万円の賠償金の支払を受けた事案

依頼者

40代女性,会社員
事故態様:車対車,後方からの衝突事故
傷病名:頚椎捻挫,腰椎捻挫

来所時の状況

症状固定となったものの首から腰にかけての疼痛が残存しており,後遺障害認定申請を希望していたものの,医師から後遺障害診断書を作成してもらえない状況でした。また,他の法律事務所に依頼中でしたが,同事務所では医師が後遺障害診断書を作成しないことを理由に,後遺障害の認定申請自体を断念する方針であり,そのことに不満をお持ちでした。

サポート内容

治療経過,治療期間,残存症状からすると,後遺障害に該当する可能性があったことから,医師に対して,後遺障害診断書がなければ後遺障害認定申請を行えず,適切な賠償がうけられないことを説明し,後遺障害診断書作成の協力を依頼しました。その結果,医師から後遺障害診断書を作成してもらうことができ,後遺障害認定申請を行い14級が認められました。その結果をうけて,相手方保険会社と交渉を行ったところ,相手方保険会社は,通院慰謝料の金額と逸失利益の労働能力喪失期間について争う姿勢でしたので,紛争処理センターに示談あっせん申立てを行いました。あっせん案は,逸失利益について当方の主張を全て認め,他方で慰謝料については当方の主張より若干の減額をしたものでしたが,解決水準であったことから,合計約354万円で合意に至りました。

最終後遺障害等級:14級
賠償額:354万円

関連記事

「死亡・後遺障害」の解決事例

「後遺障害あり」の解決事例

「年代」の解決事例

「40代」の解決事例

「職業」の解決事例

「会社員」の解決事例

「傷病の種類・傷病名」の解決事例

「頸椎捻挫」の解決事例

「腰椎捻挫」の解決事例

「頚椎捻挫」の解決事例

「相談時の状況」の解決事例

「後遺障害認定」の解決事例

「後遺障害の種類」の解決事例

「神経系統の障害」の解決事例

「争点」の解決事例

「慰謝料」の解決事例

「逸失利益」の解決事例

「等級」の解決事例

「14級」の解決事例