仙台市・福島市の弁護士・法律事務所【弁護士法人リーガルプロフェッション】 (仙台弁護士会・福島県弁護士会) 交通事故問題に強い仙台・福島の弁護士法人リーガルプロフェッションにご相談ください。 相談料・着手金無料。

下肢のしびれに12級13号の後遺障害が認められていた方について,ご依頼から約1か月半で賠償金を約440万円増額して早期の示談解決ができた事例

相談者

40代男性,会社員
事故態様:車対車。直線道路を直進走行中,対向車線を対向方向より走行してきた相手方車が突然センターラインをオーバーしてきて正面衝突
傷病名:右股関節脱臼骨折,左腓骨骨折

相談に来られたときの状況

事故後,約1年7か月間にわたり入通院治療を行ったものの,右股関節脱臼骨折を原因とする右下腿~足背のしびれ感等の症状が残存し,12級13号の後遺障害認定を受けました。それを踏まえ,相手方保険会社からは,約860万円の賠償提示がなされたものの,妥当な金額か分からず,弁護士のアドバイスを求めに相談に来られました。

サポート内容

相手方保険会社からの賠償提示額は,入院雑費,休業損害,入通院慰謝料,逸失利益,後遺障害慰謝料といった損害の算定において低廉なものであったため,ご依頼を受け,相手方保険会社との間で賠償額の増額交渉を行いました。
最終的に,賠償額を約1300万円まで増額し,示談解決することができました。
ご依頼から約1か月半での早期解決でしたが,約440万円の増額ができた事例でした。

最終後遺障害等級:12級13号
賠償額:約1300万円(示談解決)

関連記事

「骨盤・股関節」の解決事例

「後遺障害あり」の解決事例

「40代」の解決事例

「会社員」の解決事例

「骨折」の解決事例

「示談提示後」の解決事例

「神経系統の障害」の解決事例

「12級」の解決事例